(Standard Generalized Markup Languaige)は世界共通の文書記述形式です。SGMLでは表示や印刷に必要な書式情報と文書内容を分離して、再利用や転用が可能にすることが出来ます。しかし、仕様が複雑過ぎて専門家でないと使いこなせないと云うことで、十分には普及しているとは言えません。


(HyperText Markup Language)HTMLはいろいろなブラウザで同じように表示できるのが特徴です。SGMLに比べシンプルで習得しやすく世界中に広がりました。しかし、情報内容と表示情報を分ける考え方や、ユーザーが情報の構造を自由に設計できるという重要な点が取り入れられていません。


(eXtensible Markup Language)SGMLHTMLの流れを継いだ新しいデータ記述言語として登場したのがXMLです。HTMLWebの広がりでデータが莫大な量になり、そのデータを上手く活用できるようにするためSGMLHTML利点を取り入れてできたのです。またXMLは情報表示だけではなくコンピュータアプリケーションとの連携が可能となりましたので、これからの文字情報はXMLデータ形式で蓄積をすることが必要です。


詳しくは
http://www.jagat.or.jp/
http://www.jfpi.or.jp/public/houkoku/h10_1.htm